稲熊ブログ

2020.01.30更新

1月も終わるのにあまり寒くないですね

例年ならばスキーにでも行こうかと子供たちに声を掛けますが

今年はそんな気になれないです

やっぱり日本には四季があるので寒い冬がいいですね

 

さて、腰痛でお困りの方は少なくないと思います

なぜ腰痛が発生するか、それは

疲労の蓄積 ストレス過多 同じ姿勢が長い 繰り返しの動作が多い 

ざっとこのような原因があります

このような状態が続きますと背骨一個一個の間隔が狭くなりやすいです

それによって背骨を支える通称背筋といわれる 脊柱起立筋が固くなります

これにより血流が悪くなり柔軟性も無くなり

いつもと変わらない生活や仕事によって負荷がかかってしまい

よくわからない理由で腰痛になります

当院では原因になる背骨の間隔を拡げるように治して痛みを緩和させる治療を積極的に行います

このような治療に興味のある方 早く痛みを治したい方

朝起きるときに腰痛でなやんでいる方は一度ご来院ください

治療後はすっきりした状態になります

 

 

 

 

 

 

投稿者: 稲熊接骨院

2020.01.27更新

早いもので1月も終わりますね

今年で46歳になりますが本当に時間が経つのが早いです

人生の先輩方においては当たり前だと思われますが

年々老いを感じています

しかし、頭の中は20年前と同じなので気分は若いです

戸籍年齢に負けないように気分年齢はいつまでも若くなるよう

頑張りたいと思います。

 

さて、事故に遭われて首や腰を痛めて来院されている女性の患者さんがいらっしゃいます

事故での負傷は日常生活と決定的に回復スピードが違います

これは原因に問題があります

それは、事故が原因の場合「予測不能のよる不意打ち」「車の重量は1トン」「相手からの衝撃」この3個が問題になります

この問題により、目に見えない皮膚の内側にある筋肉、靭帯、血管、神経などの負傷がひどくなっており

その部分を事故前のように修復させるのに日常での運動や生活での負傷原因のときの回復期間に比べて

約3倍近くの時間と治療期間が必要になります

もし、事故後首や腰に痛みが残ったままお悩みになっている方

以前事故に遭いながらも泣く泣く示談されて通院治療中で回復が芳しくない方は

一度ご来院ください

 

 

投稿者: 稲熊接骨院

2020.01.22更新

今日は朝から冷えましたね

暖冬とは言え朝晩はこたえます

うがいや手洗いも気を付けて風対策を万全にしたいと思います

 

さて、年明けから腰に痛みを訴える方が多いです

ひどい方は痛くなった姿勢のままで来院されました

このような状況になるときは

積極的に骨盤や腰の骨のゆがんだ個所を強制することが

最適で回復が早いです

もし、回復が遅く不安に感じられている方

一度ギックリ腰の経験があり予防に興味をお持ちの方は

一度ご来院ください

投稿者: 稲熊接骨院

2020.01.06更新

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

今年は既に4日(土)から診察をはじめました

今年の正月は暖冬ということもあり嫁の実家である長野県でも道中ほとんど雪がなく

なんだか冬装備で車もからだも向かいましたが

いい意味で拍子抜けしてしまいました

でも、良い気分転換になりました

 

さて、この時期朝冷え込むことにより起床時に腰に痛みを感じられる方は多いと思います

この現象は ズバリ言うと

腰の骨と骨との間隔が狭くなって椎間板に負担がかかっている証拠です

そして腰回りの筋肉が通常よりも収縮しているため

ストレッチなどをしても伸びません

この改善策は間隔の狭くなった部分を広げるような矯正が最適です

この状態のままですとぎっくり腰の原因にもなります

起床後1時間ぐらいすると体内が温まり血流が良くなり痛みは緩和されますが

治ったわけではなく症状が一段落しただけであります

スポーツ選手などはこのような時は積極的に治しにかかります

お悩みの方は一度ご来院ください

今後の腰痛への不安解消につながります

投稿者: 稲熊接骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

  • 稲熊ブログ
  • 稲熊接骨院 公式Facebookページ