稲熊ブログ

2016.02.25更新

今日は冷え込みますね

インフルエンザがとても流行っていますので

流行に乗らないように気を付けてくださいね

女性で悩みの一つとして

 「あご」が食事やしゃべるときに カクカクする

といった症状があるかと思います

一般的には 歯科でかみ合わせの問題を指摘されることが多いです

ですが、マウスピースの作製をしても一向に変わらない方は

すごく多いです

それは なぜでしょう?

端的にいうと あごの関節が歪んでいるからです

あごの関節を良い状態にしてから マウスピースなどの矯正道具を

使用するのは効果がありますが

関節部が歪んだままでは 改善するどころか 酷くなる可能性もあります

お悩みの女性の方、歯科で改善されない方は一度ご来院ください

当院では 積極的に あごの関節を治しますよ

投稿者: 稲熊接骨院

2016.02.24更新

背骨の矯正を主体に 飲み薬を使用しないで患者さん自身の治癒力を最大に発揮させる

治療を最大目標にしています

稲熊接骨院です

世間一般では ひざの痛みの治療というと ヒアルロン酸の注射、サプリメント、痛みどめ

この3つがあがると思われます

共通している良くないことがあります 何かというと

それは 「痛みの原因となる根本を治していない」ことです

ひざの痛みが出た場合は 間違いなく 骨盤、背骨のバランスが崩れています

ひざ そのものも変形など老齢化や使いすぎで発生しますが

この場合も 背骨と骨盤は歪んでいます

まずは その根本に当たる背骨、骨盤を正常な状態に矯正してから

いろんな治療、運動などをすることにより効果が倍増しますし

回復が早いです

特に 保育士、看護師、販売業、美容師、主婦の方は ひざへの不安が強いです

ひざの痛みで悩んでみえる方、長引いている方は 一度

ご連絡ください



投稿者: 稲熊接骨院

2016.02.23更新

二月も終わりが近づいてきましたね

年々時間の経過が早く感じます

一般的に腰にの痛みとなると 想像するのが

前かがみになると痛い、朝起きるときに痛い、座ったままで痛い、立ち上がる時に痛い

この4つが代表的なイメージになります

共通したイメージがあります

それは、「治らない」

これが世間一般の認識です

ですが、こういったイメージを払拭できるのが当院での治療です

まず、痛みからすると 背骨と骨盤が歪んでいる場合がほとんどで

これを治さずに腰回りの筋肉だけを マッサージやリハビリしている

整形や接骨院、治療院がとても多いです

これでは 治りませんし、あまり芳しい結果が出ないので

「痛いけど これぐらいなら 何とかだましだまし生活できるわ」

と思われるケースがすごく多いです

もし、腰の痛みを「少しでも改善させたい」 「治して不安をなくしたい」 「痛みで精神的にまいっている」

こんな思いの方は 一度ご来院ください

根本から治していきます

投稿者: 稲熊接骨院

2016.02.16更新

今日は朝から冷え込みますね

日曜日が突然温かくなりましたから体調もおかしくなりやすくのるので

うがい、手洗いをしっかりやりましょう

女性にとって冷え込みは 「天敵」でしょう

なぜでしょうか?

女性は 体内の生殖器が発達しているためです

体内では そちらを重点的に保温効果を大事にするため

どうしても末端に当たる手や足まで行き届かない場合が多いです

そのため 冬は苦手、夜も眠れない、頭痛やめまいなどの症状があらわれます

こんな悩みの方は 少なくないと思われます

このような患者さんは 冷えに弱い背骨が歪んでしまう傾向があります

それを引き金にして ぎっくり腰や肩こり、頭痛といった苦痛が発生しやすくなります

ご心配の方、予防したい方は 一度ご相談ください



投稿者: 稲熊接骨院

2016.02.09更新

今日は 朝から冷え込みますね

一段と冷え込みが激しくなると 日常いつもと変わらない生活や仕事においても

腰やひざを痛めてしまう可能性が高いので不用意な外出は控えた方が良いと思われます

出産されて育児などで 腰に痛みのある方は少なくないと思います

出産前は特に腰が痛いといった感覚がなかったと言われる方も

少なくないと思われます

まず決定的に出産前と違うのは 自分自身の都合で日常生活を送れなくなることが

一番で、それをきっかけにして ストレスの蓄積、疲労の蓄積が起きてしまいます

その結果 背骨全体の歪みと骨盤のバランスが崩れてしまいます

何で腰が痛いのか? なぜ、疲れが取れないのか?

疑問に思われる方も多いと思います

それは、端的に 腰や骨盤が歪んだままの状態で日常生活を送っているので

いつまでたっても ストレッチや体操をしたところで回復はしません

お悩みの方は 一度ご相談ください

投稿者: 稲熊接骨院

2016.02.05更新

2月に入りましたね 

温暖化とはいえ朝は冷えますね

こんな日は 普段と同じことをしていても腰を痛めるケースが多いので

十分に温まってから行動を始めるのが予防になります

さて、去年から幼児のいる家庭で主婦の方の腰痛が多いです

それは なぜか? よく聞いてみると共通したことがありました

夜の就寝です

子供と一緒に寝ている方は思うように寝返りがうてないことが原因になります

人間の体は基本的に こそこそ動くように作られていまして

就寝中も子供のように ごろごろ寝返りをうつことで体への負担が一極集中しないように

自然と予防しています

それができなくなると一点に負担がかかり腰痛の原因になってしまい

それがストレスにもなり自律神経の衰えに繋がってしまいます

こんな感じでお悩みの女性は一度fご相談ください

投稿者: 稲熊接骨院

  • 稲熊ブログ
  • 稲熊接骨院 公式Facebookページ