稲熊ブログ

2014.01.30更新

一月の冷え込みは厳しいですね。
今週に入り年末までの疲れや冷え込みによってぎっくり腰や以前にヘルニア、狭窄症と診断された方々に腰痛の再発が多くみえます。
この現象は、背骨一個一個の間隔がくり返しの動作やストレスによって狭くなり左右への傾きが起きてしまい骨盤も歪んでしまうからです。このような状態になると運動やストレッチ、ヨガなどの健康増進運動をされても一向に痛みが取れず、体も硬くなってしまいます。
また、整形などの器具や電気治療のリハビリを受けても改善される感じはしません。
こんなお悩みの方は 一度当院で脊椎矯正をお勧めします。
最近では ホームページをご覧になった主婦で産後、育児での腰痛に悩まされている方が来院されております。

投稿者: 稲熊接骨院

2014.01.28更新

1月も終わりが近づいてきましたね。今年は 寒暖差が激しいせいか体調を崩されている患者さんも多いので十分に睡眠をとって予防してくださいね。

今年に入りぎっくり腰を始めとして 膝や肩の痛みを訴えて来院される患者さんが多くみえます。
先日も 長年腰痛に悩まされている女性の方が当院の患者さんの紹介で来院されました。
治療したところ 体が冷えた時に歪みやすい背骨の部分がズレておりました。さらに、数年単位で腰痛を引き起こしているため全体の背骨の位置関係が歪んでおり、骨盤も傾いておりました。
治療後 痛みがかなり軽減されて腰痛から解放される希望を持って帰宅されました。
また、膝については冷え込みに弱い関節でありますので 寒暖差によって痛みの出る確率が高いです。
特に、整形などで 軟骨がすり減っているといわれた方、スポーツによって半月板や靭帯を痛めた経験のある方は年齢に関係なくこの時期には 動きが悪くなったり痛みが再発したりする場合があります。
こんな方は同様に冷えに弱い骨がズレていることが多いので 当院での矯正をお勧めします。
特に 女性で販売や保育士、看護師の方は この傾向があります。

投稿者: 稲熊接骨院

2014.01.23更新

早いもので年明けから20日が過ぎましたね。寒さも結構厳しい日が続きますね。
年明けから ぎっくり腰を起こして来院される患者さんが増えております。
今年は 寒暖差が激しく対応し切れていない患者さんが多く、この現象は年齢や性別に関係なくあります。
今日は 妊婦の方 産後の方についてですが、産後の方は育児はもちろんのこと出産という大仕事を終えるわけですから とても腰への負担はかかっておりまた、骨盤の歪みは必ずと言っていいほどあります。
次に、妊婦の方は だんだんおなかの成長とともに胎児も大きくなって喜ばしい事なんですが、腰に対してはおもりが増えていくことになりますので一段と腰や骨盤に対して負荷がかかりズレやすい骨格になっています。

どちらも当院では 積極的に背骨の矯正、骨盤矯正をおこなっております。
先日も 多治見の方から三日に一度は激しい腰痛が起きるという女性の方が来院されました。治療後、すっきりした表情で次回の予約を取って帰宅されました。
このような事でお悩みの方は 一度当院へ御来院ください。
 

投稿者: 稲熊接骨院

2014.01.19更新

この週末は凄い冷えましたね。自分も子供たちを動物園へ連れていきましたが かなりの冷え込みでお腹を下してしまい室内と外気の温度差でちょっと体調がおかしいです。
今年も当院では いろいろな患者さんを積極的に施術していきたいと思っております。
近年 整骨院や整体、リラクゼーションなどが乱立しておりますが患者さんがどこで治療しようか迷うことのない接骨院を今後も続けていきたいと思っております。
さて、妊婦の方でも8か月ぐらいまでは当院では 腰痛をはじめとして肩こりやむち打ち、下半身の痛みなどは治療が可能です。
特に、事故によってむち打ちになった首、腰、肩、ひざ、足首の痛みは 整形外科などでは治療が不可能ですが当院では積極的にズレた背骨、骨盤を正しい位置関係に矯正していきます。
この矯正により自律神経の力が回復していき痛めた首や腰の筋肉の痛みが軽減していきます。また、早期機能回復も期待できるので運動制限も改善されていきます。
もし歪んだままの状態ですとぎっくり腰やねちがいによって首が回らなくなったりする確率が高くなります。
そして、産後の悪影響も出てきますので 事故で負傷されてお困りの妊婦さん、または友人や親族で悩んでいらっしゃる方は 一度当院へご連絡ください。

投稿者: 稲熊接骨院

2014.01.16更新

成人式も終わり一段と冷えてきましたね。そして、 週末はセンター試験ですね。受験生の皆さん ご家族の方々あとひと踏ん張り頑張ってくださいね。
さて、年明けから事故によって 首、肩、腰を負傷されて来院された患者さんが三人いらっしゃいます。 
それぞれ診察させていただくと、背骨全体のバランスが崩れているのはもちろんのこと 特に 首や腰の筋肉の強い炎症があり中には 「上が向けない」 「腰が抜けそう」 「肩が上がらない」などの訴えがありました。
こういう場合は 背骨の中を通る神経が事故の衝撃により 「伸びすぎたり」 「曲がりすぎたり」といった現象が起きている確率が高いです。
この場合、背骨全体の矯正と骨盤、首の矯正が必要になります。そうでないと歪んだままになってしまい神経も圧迫されたままで 筋肉の柔軟性が落ちてしまいやがて、首や腰の動かせる範囲が極端に狭くなり 痛みやしびれが残ったままで示談をすることになる可能性が高くなってしまいます。
当院では 積極的に背骨のバランスを矯正して早期回復、早期社会復帰していただけるよう日々施術に励んでおります。
整形だけでは満足できない方 事故後自律神経のバランスがおかしい方、しっかりした治療が受けてみたい方などは 一度、当院のほうまでお電話ください。 いろいろとアドバイスさせていただきます。
また、妊婦や産後間もない方でも 当院は事故の治療はできます。
お悩みの方は ご相談ください。

投稿者: 稲熊接骨院

2014.01.05更新

明けましておめでとうございます。今年もよろしく お願いいたします。
今年は 妻の実家である長野県まで年明けから行ってきましたが、予想通り寒く自分自身も ぎっくり腰を起こしそうなぐらいでした。

そこで、ぎっくり腰についてですが この時期に入ると発生率が高くなります。これは年齢、性別、スポーツ歴に関係なく起きる現象です。
ご存知の通り 冷え込みによって血流が悪くなり筋肉の柔軟性が衰えるのが原因です。
特に、ここ数年は 普段と変わりない生活や行動にも関わらず ある日突然、「朝痛みによって動けない」「立ち上がった時に痛みが走り動けない」「車の乗車中に痛くなった」などの患者さんが多くいらっしゃいます。
これは、以前から個人差もありますが 腰の骨の間隔が狭いままの場合と骨盤、首の歪みを伴っている時が大多数を占めます。

産後で子供の世話に負われている主婦の方、前傾姿勢の多い看護師・介護士・保育士・ライン作業などの方に多くみえます。
また、神経性のストレスの溜りやすい経営者の方、会社役員の方、パソコン作業の多い方にも同様な症状を見受けします。
このような関係でお悩みの方は 当院へご連絡ください。

投稿者: 稲熊接骨院

  • 稲熊ブログ
  • 稲熊接骨院 公式Facebookページ