稲熊ブログ

2013.05.23更新

五月も下旬を迎えだんだん暑くなってきましたね。日差しも強くなってきており熱中症には注意しましょうね。
今月に入っても寒暖差によってぎっくり腰や以前遭遇した交通事故の後遺症で首、腰、肩に急激な痛みを訴えて来院される患者さんが目につきます。
事故によって負傷された方は100パーセント近く背骨、骨盤がズレています。そのズレを正しい位置関係に矯正するような接骨院へ人身事故の治療として通院されていた方は以外にも早めに回復していきます。ところが、整形外科などのリハビリや痛みどめの注射、内服薬で治療を終えた方、軽い痛みや多忙のため思うような治療を受けられなかった方は背骨全体の歪みが残存した状態で何年も経過しております。そのため、.自律神経のバランスが崩れたままであるため筋肉の柔軟性が落ちてしまい血流も低下して内臓機能も低下していきます。
このような患者さんはマッサージ、ストレッチ、ヨガ、水泳などを行っても痛みは取れるどころか余計にひどくなる場合が多いです。
いろいろなトレーニングの効果が期待できるのは背骨、骨盤のバランスが正常な状態であることが大前提です。
補足ですが、女性の足のむくみや肩こりなどは背骨がズレている場合が多いです。
上記でお悩みの方は 緑区近郊の稲熊接骨院までご連絡ください。

投稿者: 稲熊接骨院

2013.05.13更新

久しぶりのブログです。連休も終わり疲れが出始める時期になってきましたね。体調管理も十分に気を付けてくださいね。
今月に入っても寒暖差が激しくぎっくり腰を起こす方が多くみられます。また、以前にヘルニア、狭窄症、すべり症などになって痛みが治まっていた方も痛みの再発で来院されるケースも増加傾向にあります。
一般的な間違った処置を紹介したいと思います。
ストレッチや腰痛体操、筋トレなどは痛みが強く出ていたり動かすと痛いときなどは、余計に痛みがひどくなります。このようなときは安静にして冷湿布を貼って日常生活に必要な事だけをしてお早めに背骨の矯正をした方が.格段に早く痛みが和らぎます。その後、痛みが治まり日常生活に支障がなくなったらウオーキング、水泳などのトータル的に体を動かす運動の方が腰痛予防になる筋肉が腰・腹筋・背筋の強化につながっていきます。筋トレは部分的な筋肉の強化にしかならなく自己満足の筋肉しかつきません。
また、やりすぎると背骨の中でも首の骨がズレやすくなり全体的に後方へ出やすくなるので痛める原因にもなります。
他にも飛んだり跳ねたりの瞬発的な運動は腰、首に負担がとてもかかりやすくなります。
このようなトレーニングは女性には特にご注意いただきたいと思います。中でも、看護師、介護士、保育士、調理師の方は普段から仕事によって腰に負担が掛かっていますのでしっかり休息をとってください。
こんな内容でお悩みの方は中京競馬場近くの稲熊接骨院までご連絡ください。

投稿者: 稲熊接骨院

2013.05.01更新

五月に入りゴールデンウイークも中盤になってきましたね。でも、なかなか中日ドラゴンズと一緒で温かくてしっくりした日が続かないですね。
この四月は 朝、昼、晩と気温差が激しくぎっくり腰を起こす方が特に多かったです。また、以前に脱臼したことのある肩や靭帯を.負傷した膝などを始めとして古傷に痛みを訴える患者さんが目立ちます。
人間の体は自律神経の力が衰えると基礎体力が低下して血流も悪くなり筋肉の柔軟性も落ち込むため、日ごろからの仕事や日常生活のくり返しの動作、運動歴によってぎっくり腰などの急性的な痛みを各関節部に起こしやすくなります。
この一連の状況は 特に気温の冷え込みにより発症する場合が大多数を占めます。このような状況になった時は 首から腰、骨盤にかけての背骨の位置関係が崩れております。よって、背骨と背骨の一個一個の間隔が狭くなり後方へズレてしまう背骨もあります。
 職種では、この時期には保育士、介護士、看護師の方に多い傾向があります。
上記のような感じで お悩みの方、治療院をお探しの方、整形外科に通院されていて満足な治療を受けられていない方は 中京競馬場近郊の稲熊接骨院までご連絡ください。

投稿者: 稲熊接骨院

  • 稲熊ブログ
  • 稲熊接骨院 公式Facebookページ