稲熊ブログ

2012.12.19更新

衆院選挙も終わりいよいよ年末がやってきますね。冷え込みによって腰痛や肩こりを訴える方が増えてくるのもこの時期は毎年恒例に当院ではなっていますよ。
さて、先日関東の方から産後の腰痛と体調不良を抱えて来院された方がいらっしゃいました。
診察したところ、骨盤が歪んでおり左右の足の長さが違い背中も丸くなっておりました。また、授乳や睡眠不足によって疲れも蓄積されたままでした。
全体の背骨の矯正と骨盤の矯正をしたところ、骨盤の歪みが治まり足の長さの左右差もなくなり背中も伸びました。ご本人も「体が軽くなった。すっきりしたー」と喜んでおられました。
出産の際、骨盤内の恥骨結合が一旦、扉が開くように開いて子どもが出てきます。出産を終えると約1か月かけて恥骨が閉じます。しかし、産前の元の位置に閉じる可能性は低く多少歪んだ状態で閉じるため骨盤の歪み、足の長さの左右差、腰痛などが発生しやすくなります。また、授乳や抱っこにより首や肩甲骨のバランスも崩れやすくなります。これをきっかけにして肩こり、腰痛、慢性疲労の原因になります。
このような一件でお悩みの方は緑区近郊にあります稲熊接骨院までご連絡ください。尚、予約制で施術しておりますので時間のない方などはなるべく都合に合わせますのでご安心ください。お子様ずれの方も大丈夫です。

投稿者: 稲熊接骨院

2012.12.14更新

今週に入り急激な冷えによってぎっくり腰や若いころに痛めた関節などに痛みを訴えて来院される方が多くみえます。
ヘルニア、狭窄症など一旦痛みが治まっていた症状が再発されている方、スポーツをしてみえる方も足首・膝・肩などの関節部に異変を感じて受診されています。.また、交通事故でむち打ち、腰痛で通院中の方も痛みが増悪傾向にあります。
体内の自律神経は気温が急激に下がりますと力が減退し、筋肉・内臓・靭帯などの機能が低下して普段と同じような行動をしているにも関わらず負傷してしまう現象が起きてしまいます。
これは、年齢に関係なく発生しますので自分は若いから 普段鍛えているからといっても大丈夫ではありません。
もし、このような症状が今週に入って発生してお悩みの方、様子を.みて静観してみえる方は背骨、骨盤の矯正することにより問題が解決する可能性が高いです。そんな時は、名古屋市緑区東隣にあります稲熊接骨院までお気軽にご連絡ください。
また、別の接骨院や整形外科、針やお灸の治療院等で症状の改善が芳しくない方、転院をお考えの方は 一度御来院ください。.

投稿者: 稲熊接骨院

2012.12.05更新

12月に入りまして急激に冷えてきましたね。師走とあって忙しいと思われますが体調管理には十分に気を付けてくださいね。
この時期に入りますと、毎年以前に痛めたことのあるところに痛みやしびれ違和感などを訴えて来院される方が増えてきます。
例えば、ヘルニア・狭窄症・骨折・脱臼・靭帯損傷・捻挫などを起こされた経験のある方は古傷の再来みたいな症状が表れます。
このような場合、人体の自律神経は冷え込みに弱いため昔痛めた個所を無意識にかばって歩いたり運動したりするため徐々に背骨全体に負担がかかってしまい歪みの原因になります。もし、気になって見える方は様子をみるよりお早めに背骨、骨盤の矯正をお勧めします。なぜならば、それを引き金にしてぎっくり腰など急性的な捻挫を起こす可能性があるからです。
この時期に苦痛な痛みが出ますと、仕事はもちろんのこと私生活の予定まで影響が出てきます。このような事で気になっている方はお早めに当院へご連絡ください。
また、健康増進目的でスポーツやダイエット、エクササイズなどをしてみえる方も効果を効率よく引き出すにも骨盤、背骨の矯正は筋肉疲労の回復やリンパの流れの促進にも役立ちますので 一度名古屋市緑区近郊の稲熊接骨院までお電話ください。

投稿者: 稲熊接骨院

  • 稲熊ブログ
  • 稲熊接骨院 公式Facebookページ