交通事故治療

接骨院でも交通事故の治療を受けられます

交通事故障害を受けた方へ

ケガの根本原因は背骨の歪み

当院では、交通事故で体の不調を訴えられている方には、その症状が体の部分的なものであったとしても、全身の骨格の位置関係を調べることから治療を始めます。

現代人のほとんどは、肩甲骨や腰椎、骨盤など、体のどこかが歪んでいます。
もともと歪んでいたところに、交通事故に遭ってしまったために重症化し、痛みとして分かる場合が多いのです。
ですから、「首が痛い」「腰が痛い」と訴えられても、「その根本の原因は背骨にある」という認識のもと、背骨にポイントを合わせて治療を行います。

交通事故後2週間は「要注意期間」

交通事故の後遺症は、事故に遭ってしまった直後よりも、1週間ほどしてから症状が出ることもあります。
事故後2週間は「要注意期間」と認識し、それ以前には示談交渉を成立しないようにしましょう。
事故後2週間して、新しい問題が起こらなかったら、示談交渉に応じても大丈夫です。

交通事故治療で多い問い合わせは?

首や腰の痛みを治療したい

交通事故治療で多い問い合わせは、「首の痛み」と「腰の痛み」です。
どちらも典型的なむち打ち症の症状といえます。
当院では、交通事故で体の不調を訴えられている方には、その症状が体の部分的なものであったとしても、「その根本の原因は背骨にある」という認識のもと、背骨にポイントを合わせて治療を行います。

また、他院で治療を続けていても痛みがなかなか軽減されない場合は、ヘルニアの可能性もあります。
ヘルニアは、背骨の矯正治療を続ければ改善が期待できますので、当院にお問い合わせください。

接骨院でも交通事故治療ができますか?

交通事故治療は整形外科などの病院でしか受けられないと思っている方は少なくありません。
保険会社の担当がそのようなことをいう場合もあります。
しかしご安心ください。接骨院でも、問題なく交通事故治療を受けることができます。
その場合、加害者側の保険で治療が受けられるので、治療費は実質「0円」となります。

交通事故後のむちうち症に気をつけましょう

事故後は症状が出ないことがほとんどです。

事故に遭われた直後というのは、興奮しており、たとえ自覚症状があまりなかったとしても、2、3日たってから急に症状が現れてくることがよくあります。
むちうちの特徴は、筋肉や靭帯の損傷はあるにもかかわらず、レントゲン写真ではほとんど異常が見つからないことが多く、ほとんどが自覚症状のみということです。
痛みの原因を治療することなく薬で痛みを抑えていると、いずれ症状がひどくなってついには慢性化してしまうことも考えられます。

交通事故後の通院について

1まずはお電話ください。

事故に遭われて、病院をお探しなら一度稲熊接骨院へお電話下さい。
また検査などが必要となる場合については地域の医療機関をご紹介します。
迅速かつストレスがない事故の治療を受けるためにも一度ご一報ください。

2保険会社へ連絡

保険会社の担当者に「稲熊接骨院で治療してもらう」旨の内容をお伝えしましょう。
そうすると、当院まで保険会社の方より患者様が来られる旨の連絡が入ります。
また、他の病院や接骨院から転院もできます。ただし前もって保険会社の担当者へ連絡しましょう。

3当院で交通事故のむちうち治療を受ける

稲熊接骨院にご来院されましたら、問診と症状を詳細にお伺いします。
お伺いした内容から、その症状に対する適切な治療法をお話し、治療していきます。

むちうちの症状について

交通事故後の痛みはむちうちに限らず、 腰痛や肩の痛みなど症状として出てきます!

レントゲンなどでは損傷が発見されないことがありますので異常なしと診断されてしまいがちですが、痛みや痺れなどにより異常は明らかです。
なので、今後の生活に悪影響を及ぼさないようしっかりとした医療機関で治療をしてもらいましょう。

交通事故では、日常生活のなかでほとんど傷めないような部位にダメージをうけてしまうことが多く、放置すると痛みや機能障害、肩こりや腰痛にまで発展していくこともあります。
そうならないよう、早期段階にてきちんとした治療と、 症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。

被害者の方へ

Q

治療費はどうすれば?

A

自賠責保険を利用して、自己負担0円にて治療を受けられますので、ご安心ください。

交通事故による治療のほとんどは、相手方が加入している自賠責保険から治療費の補助が出るため、それにより治療が受けられます。
治療費は、当院が後日、保険会社に直接請求しますので、患者様自信の受付窓口でのお会計は"0円"になります。
その為、むち打ち症などの症状も、通常であれば、保険外(自費治療)になってしまう高度な治療も、費用負担増を考えることなく、治療に励んで頂けます。

加害者・自損事故をされた方へ

Q

事故の加害者や、自損事故による治療も窓口負担0円で治療が受けられるって本当ですか?

A

本当です。ただその前にあなたが加入している任意保険をもう一度見直して頂き、人身傷害保険に対応しているかを確認してください。

Q

任意保険を使うと、保険の等級が下がって、月々の保険料が上がったりするんじゃないですか?

A

人身傷害のみ利用の交通事故の際は「ノーカウント事故」扱いされるため、保険のランクも変わりません。
(詳細は各保険会社にご確認下さい。)

妊婦さんで交通事故によるむちうち症にお悩みの方へ

稲熊接骨院では、妊婦の方、又は産前産後の方にも負担がかからない手技による施術・治療を行っております。
妊娠中の女性の方への施術・治療は非常に繊細であるがゆえ、通院中の病院が交通事故治療に積極的ではない、また湿布薬や痛み止めなどの薬の処方がされないため、満足いく治療が受けられないということで、痛みや症状を我慢している方がいるというのが実情です。

下記に記載している項目に該当する方は、一度稲熊接骨院にご相談ください。

かかりつけの病院(接骨院)が交通事故治療をほとんど取り扱っていない。
痛み以外にも吐き気やめまいが何日か続いている。
吐き気がするが、むち打ち症、つわり、どちらから来ているのか不明。
通院してはいるがよくなる兆しがない。
稲熊接骨院にご来院される前に、下記3つはご確認下さいますようお願い致します。
  • 病院で検査をすること
  • 現在通院中の産婦人科に必ず相談すること
  • 稲熊接骨院にて施術・治療を受けるという旨を保険会社に伝えること

交通事故の際の治療費・慰謝料について

交通事故の被害者様には一般的に1回通院あたり4,200円の慰謝料が保険会社から支払われます。
慰謝料の対象になる日数は、治療期間と治療日数によって決定されます。

治療期間 治療開始~治療終了日(完治)までの日数
治療日数 実際に治療・施術をした日数
実治療日数の2倍 と治療期間で少ない方に4,200円をかけるとそれが慰謝料となります。(上記にて、実治療日数の2倍とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が出るのは、接骨院と整形外科などの病院に行かれた場合のみの対応となります。マッサージ院や鍼灸院は適用外です。)
交通事故による補償を受けるために
休業損害費について

・治療に関わる費用等の領収書を忘れない!

・交通費の領収書もしっかり取っておきましょう!

・休業損害費をもらうことができます!

自賠責保険基準で1日5,700円が支給されます。
また、19,000円を上限としてではありますが、日額5,700円を超える収入があることを証明できるのであれば、以下に記載の計算式によって算出される実費が支払われます。さらに詳しい内容は下記をご確認ください。

①給料所得者

事故する前の直近3カ月間の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(働き先の総務が作成し、担当者名、代表印)
※過去3カ月間の1日当たりの平均給与が基礎

①パート・アルバイト・日雇い労働者

日給×事故前の直近3カ月間の就業日数÷90日×認定休業日数(勤務先の証明が必要です。)

 

事業所得者

事故した年の一年前の所得税確定申告所得をもとに、1日当たりの平均収入を算出します。

家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。
  • 稲熊ブログ
  • 稲熊接骨院 公式Facebookページ